スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本縦断2日目(2012年8月5日)

おはようございます
2012年も終わろうとしている中の更新でございます


2日目でございます
今回はいわゆるフェリー編というものになりまして
2日目は18時間ぐらいフェリーに乗ってたので
バイクによる移動は最後のほうにちょっとあるだけです…
動きのない地味なもんになるかもしれませんが
そんなものでもお付き合いいただければと思います

さぁさぁ書いていきましょう



舞鶴港でフェリー『あかしあ』に乗り込む旅の仲間一行
車両甲板と呼ばれる場所にバイクを停め
フェリー内部の鉄ッ!って感じの階段をカンカンカンカン登ると

DSC_0136_R_R.jpg

エントランスのような場所

自分は今まで修学旅行での沖縄~久米島のフェリーしか乗ったことがないので
なんというか、この「客船」具合に感動しました
こんなんが海の上を動くんやからすごいなぁとしみじみ思うのです

さてさて、エントランスを横切って

DSC_0132_R_R.jpg

廊下を通って

DSC_0266_R_R.jpg

寝床に到着

あかしあ
↑のページのツーリスト寝台Aですね

思ってたより広いしキレイで大満足であります
自分は右、ユンボは左に陣取って荷物を置き
混んでくる前にお風呂へ向かうのです

自分がお風呂用の着替えやら歯ブラシを探していると
「パンツ一枚も入ってへん…」
と嘆きながらユンボがパンツを探していました
出発前の荷づくりの最中、手違いで置き去りにしてしまったようです
主に荷物をまとめたのは自分なんですけどね…
自分が「パンツ一枚貸すやんか、パンツシェアしようぜ」と言うと
ユンボは「パンツシェアするぐらいやったらノーパンじゃ!」と断固拒否
結局、彼は北海道でしまむらに寄るまでノーパンで過ごすことになります

エラく話が逸れました
お風呂もキレイで広かったです
おもしろかったのが、フェリーが傾くと湯船からお湯がこぼれたり
隣の湯船からお湯が流れ込んできたりと、フェリー独特であろう現象が妙でした
写真はさすがに撮れませんでした…


お風呂を出て各自ベッドでダラダラ
旅に出る前、自分のバイクのテールランプが少し割れてしまったんですが
縦断開始前にどうにかしようと思い、フェリー乗り場までの道中にクリアレッドの下敷きを購入
フェリーの待ち時間に下敷きをテールランプに切り貼りしてなんとか修理(らしきものを)しました
その時に余った下敷きを使って

20120805030745.jpg

東亜重工 - Google
赤色やし、カッコイイし、暇やったので…
弐瓶作品はとてもおもしろくてクールなのでぜひぜひ読んでみてください
個人的に、シボさんはデカい時が好きです
で、コレに赤色のビニールテープをグルグル巻きにしてより強固なものにして

20120808091729.jpg

ベチコーンと貼ります
写真は北海道上陸後に貼ったときのんですけどね

とにかく暇でした
東亜重工マークも作り終え、ウトウトし始めた時に「日の出を見にいこう」という話になりました
でも時刻は確か2時ごろ、今寝たら5時なんかには確実に起きれんであろう自分は起き続け
4時頃からフェリー内を探検したりして時間を潰します

DSC_0138_R_R.jpg

DSC_0135_R_R.jpg

DSC_0163_R_R.jpg

DSC_0145_R_R.jpg

CIMG2281_R.jpg

甲板から
少しづつ明るくなってきましたがまだまだ暗いです


そして5時ごろ

DSC_0220_R_R.jpg

DSC_0225_R_R.jpg

DSC_0241_R_R.jpg

昇りました

「ツァラトゥストラはかく語りき」な気分です
昇ってくる太陽を見る機会ってそうないので興奮です
ユンボくんも日の写真だけでを50枚は撮ってましたね

ひとしきり騒いで眠ります
エンジン音が船内にドウンドウン響いたり
波やエンジン稼働による揺れが絶えずベッドを襲いますが
眠気さえあればどんな場所でも寝れる自分はスピーッ!でした





次の日は、たしか15時頃に起きました
自分が起きると隣にユンボの姿は無く
あとあと聞くと一人で船内を探検していたそうです
マジシャン(?)の方がジャグリングなんかのショーをやってたり、と
なんやフェリー会社もいろいろ頑張ってるんやなぁと思いました

DSC_0248_R.jpg

ユンボが捕えた写真
主に乗客の子供さんがターゲットのようです



昨日フェリーに乗った時はもうすでに真夜中で
売店なんかの施設はろくに開いてなかったのですが
時刻は16頃、いろんな施設が利用可能です
またブラブラ探検します

DSC_0252_R_R.jpg

ゲームコーナーにメラウスラッグ!
ここは確か24時間開いてました
北海道から本州に渡るときにもフェリーに乗ることになるんですが
そのフェリーにもメタスラの筺体が置いてありました
北はメタスラが熱い…!?

DSC_0259_R_R.jpg

MZN従軍先輩BB
乗組員の制服と帽子を無料で借りることができまして、それを着ての記念撮影
こんなんが船長やと氷山に突撃ラブハートです

20121229043126.jpg

フェリーにもスタンプがありました、押します



まぁなんやかんや(曖昧)で時間も過ぎ去り、18時ごろ、夕食です

CIMG2297_R_R.jpg

弁当を食むユンボ
フェリー内のレストランでの食事は、殆どが1000円を越すものなので
ユンボから「弁当買って、それフェリーの晩ご飯にしようぜ」との提案が前々からされておりました
舞鶴でフェリーを待ってる間、港の近くのほっかほっか亭で調達したものがコレ
24時間ぐらい放置してましたが腐ったりもなくおいしゅうございました
ユンボの判断は正かった、何より安いのが自分は好きです



20時ごろ、お弁当を食べ終えてゴロゴロしてると
「そろそろ小樽です、降りる準備してください」との船内放送が
そそくさと荷物をまとめ降りる準備も完了
しばらくするとフェリーの揺れが止まり、着岸した模様
客室から車両甲板に降りてバイクを始動させます

[高画質で再生]

あかしあからの発進 [ドメイン]

ワンダバダバワンダバダバ
こんな感じで北海道に降り立ちました

ハイ
北海道上陸です

フェリー乗り場の写真なんかがないので寂しい…
こんなんじゃイマイチ実感も沸かんとは思いますが上陸です


着いた時に思ったのは「見た目はなんも大阪と変わらんなぁ」というものでした
でもさすがは北海道です、肌寒い!
これぐらいは想定済みではありましたが肌寒い!
想定済みではあったので厚着はしてあります、さぁさぁ走り出しましょう!

直前の設定20121228045738_R_R

※↑の地図はだいたいのルートです
現在地はA地点 小樽港
目指すはB地点 道の駅しんしのつ

北海道での目標は「いろいろ見ながら知床でも行きたいなぁ」やったので
北海道の西端の知床へむけてひたすらゴーゴーです
ですが時刻はもう22時頃、なので「ちょっと走ってテント建てよか」これが今日の目標です
(説明するの忘れてましたが、今回の旅は寝泊りをテントで行います…のちのち写真も出てきますから…お兄さん許して…)

Google大先輩によると距離は60km、車で移動すると1時間半かかるとのことで
「まぁまぁ、バイクでも2時間ぐらいやろう」と走り出します
というわけで北海道編、スタートです



しばらく走って

DSC_0269_R_R.jpg

     ク     ッ     ソ     寒     い     

あまりの寒さに雨ガッパを着こむため停車、その時の写真です
後々↑の写真よりも霧が濃くなっていきます、こんなん大阪じゃあお目にかかれませんよホンマ
夏なのに超寒い、ハッキリわかんだね…

CIMG2307_R.jpg

道中見つけたリサイクルショップで厚着するための服を買います
自分は緑ジャージを、ダルそうなピース

CIMG2306_R.jpg

ユンボは(ほぼその場の勢いで)ポンチョをチョイス
顔隠れてて何ですがコレがまたすっげぇ似合ってます


駐車場で着込んだりゴソゴソしてると、見知らぬお兄さんに話しかけられました、第一道民発見です
「君たち北海道を舐めたらダメだよ!俺も東京から引っ越してきたけどココは寒いしヤバイ!」
みたいなお話をしてくれました、おっしゃる通りですホンマ…



23時半ごろ

DSC_0272_R_R.jpg

ガッカリスポット

札幌に入り景色が都会になってくると、進行方向がイマイチわからんようになるのでいったん停止します
一通の道なんかもあったりするので、諸々の確認するためにGoogleマップを見ると
噂の時計台が100m圏内にあることがわかったので、とりあえず寄ってみます
ガッカリです、まわりが都会すぎるのもあるんでしょうがガッカリです
向かいのコンビニで休憩しておさらば



1時半頃

CIMG2310_R_R.jpg

石狩川を渡る手前あたりから絶望的に田舎になってきます、畑と農場のバーゲンセールです
昼間に来たらのどかなもんなんでしょうが、夜に来るとなれば話は別、恐怖しかありません
↑の写真で光ってる物はヘッドライトに照らされた反射板なので、ライトを消そうものなら辺りは闇に包まれます
寒さ、合ってるかどうかわからん道、街灯なし、すれ違う車も超少ない、時計台出たあたりから降ってる雨と…
このとき時刻は1時半、2時間ぐらいと想定してた移動時間もすでに3時間を過ぎていてこれまた焦ります
あらゆる恐怖が恐怖で恐怖な恐怖です、ただただ走ります



↑の写真を撮ってから少しして、にわかに建物が密集した地帯に入ります
やっとこさ目的地である「道の駅しんしのつ」の近く、新篠津村に入ったのです
それだけで大喜びでしたが、現代っ子には欠かせないコンビニが見えたことでさらに湧く我々
セブイレでこてっちゃんとホットレモンを買って、店先で小休憩です、これがまた五臓六腑に染み渡る美味しさ
最近聞いた話ですが「旅で一番美味しかったもんはあの時のホットレモンやなぁ」とユンボが語っていました
それほどまでに我々を救ったセブンイレブンに感謝しながら、またバイクを走らせます、目的地はもうすぐです

それから10分ぐらい走ると、ようやく目的地の「道の駅しんしのつ」に到着です
予定してた時間を軽々オーバーし、疲れと眠気から写真も何もないので画面が寂しいくてすいません
「着いた!」と少し騒いだあと、テントを建て、転がり込み、2時ごろに眠りました…



というわけで2日目終了です
上陸初日から試される大地っぷりを遺憾無く発揮してくださる北海道くんですが
これから先も我々をボッコボコにしてくれます、ご期待ください!
あまりにもボッコボコにされたもんですから自分は北海道が嫌いですし…
それぐらいボッコボコなわけです、ご期待ください!

それではまた!おやすみなさい!
スポンサーサイト

日本縦断1日目(2012年8月4日)

おはようございます
お待たせしました、やっとこさ本編突入でございます
じゃんじゃん書いていきますぜ!


出発の朝
前日は5時間も寝てなかった気がします
だからといって眠いわけでもなく、体調もバッチリで出発であります

CIMG2210_2.jpg

コイツらで日本縦断をやるわけです、Do it!

CIMG22112.jpg
ユンボ車 リトルカブ

CIMG22124.jpg
ゲリヲン車 カブ50カスタム

夜逃げするみたいですねコレ…


まずは北海道へ向かうフェリーに乗るために舞鶴へ向かいます
西宮のユンボハウスからはとにかく北へ北へ
フェリーの出港は0時ぐらいなので、昼前ぐらいからダラダラと走りだします
というわけで出発!



………

といっても…
出発してすぐはめっちゃ都会なのでコンクリだらけで風景もつまらんです
兵庫北部あたりから田舎田舎してきます

CIMG22143.jpg

CIMG22182.jpg

CIMG22215.jpg

こんな感じです
360度を緑に囲まれ興奮した我々は、バイクを停めて写真を撮ったりしちゃうのです
「うー!夏や!田舎や!」
「もう満喫したなぁ、帰るか!」
なんてことを言うてたのを覚えてます





20120804134728.jpg

14時ごろ
気づけば京都に突入してました
お昼ご飯です
道の駅丹波マーケスのフードコートで鬼うどんセット430円を食べます
ユンボは+50円で月見うどんに、ヒヨコの命を喰らうユンボ


20121221034532.jpg

全国の道の駅にはスタンプっちゅーもんがありまして
それぞれその土地独特のデザインになっていておもしろいのです
立ち寄る道の駅のものを押していこう思てたんですが
けっこうな頻度で忘れてしまっていて後悔しとります…
ですが獲得できたものはこうして載せていこうかなと

丹波って、黒豆はわかるけど牛乳?牛肉?も有名やったんでしょうか





お昼ご飯後はまた北へ向かって走ります

DSC_0068.jpg
16時ごろ、なにやらシブい橋

DSC_0054.jpg
『上原橋』という名前らしいです

DSC_0057.jpg
渡り切って振り返ったところ

CIMG2247.jpg
デカい、サビてる、カッコイイ

CIMG2252.jpg

コワイ!
どれぐらい増水するんでしょか…





まだまだ走ります

CIMG2259.jpg
17時30分ごろ
『舞鶴赤レンガ倉庫群』といわれる場所を横切りました
道路の真横にバァーンと建っていて気になったので
どうせならとバイクを停めてブラブラ

DSC_0086.jpg
この赤レンガ群
旧日本軍が軍事用にわちゃわちゃするために建てたそうで
今でも何棟かは自衛隊の倉庫になってたり
他の何棟かは舞鶴市の資料館になってたりだそうで
写真はありませんが、レストランになってる棟もありました

DSC_0077.jpg
いつから立ってるんやろ…
「もう手紙入れても回収しませんよ」みたいな紙が貼ってありました

DSC_0085.jpg
自衛隊関係か、建物裏の運河にはなんや強そうな船が
小さい頃こんな船をよくレゴで作りました

なんや「モダン」というか「大正」というか
不思議な気持ちにさせてくれた赤レンガ群でした
歴史を感じさせてくれるものは良いです、遥かに良いです



で!



赤レンガ群を出て一時間ぐらいすると…

CIMG2275.jpg
やったぜ。



お目当てのフェリー乗り場です
これまでイマイチ実感がなかったんですが、この乗り場に着いた時
「あ、ホンマに自分はこれから北海道に行くんやな…」
という何かがドドドと押し寄せてきました

それまでは…それこそ上でも書いたように
田舎をツーリングするだけして
ホンマに家まで帰ってまうんちゃうかなと思てましたし…
まぁとにかく変な気持ちでした!



なんやモヤモヤしながらも
フェリー乗り場をぐるっと見渡すと
そんな気持ちを吹き飛ばす…
CIMG2274.jpg

こ れ が 私 の 戦 車 道

ノオオオン!カァアックィィイイイ!!!!
北海道まで持って行くんでしょうか
もっと近くで撮りたかったんですけど
トラックのおっちゃんがコワモテで怯みました
機密漏洩で捕まったりしませんように





えー
フェリー乗り場に着いたのが18時30分
フェリーの出港時間は0時30分

あと6時間ヒマ…というわけで
フェリー乗り場周辺の街へ繰り出し!
晩ご飯を食べたり(かっぱ寿司)!
スーパーで消耗品を買ったり!
フェリーターミナルでくつろいだりして!


21時ごろ
DSC_0119.jpg
AKASHIA
到着です

DSC_0114.jpg
転落の標識がちょっとコワイ

DSC_0123.jpg
あーゆー接続部分ってすっげぇカッコイイですよね…

到着してもまだフェリーには乗れんので
近所をブラブラしながら写真を撮りまくりました


「鉄」「夜」「ライト」ってところが
なんやボトムズのEDのようです
も一つ「雨」が欲しいところですが

カッコイイ…(恍惚)




そんなこんなで0時になり
そろそろフェリーに乗る時間です

車やバイクがフェリーの真横に集められ
カッコイイ橋(上の接続部写真の低いところに架かってるの)を伝って
続々とフェリーに乗りこんでいきます
自分の番の時はそれはもう興奮しましたね…
気分はサンダーバード2号のコンテナメカっす

フェリーに無事乗り込むと
警備員のおっちゃんにオイデオイデと誘導され
「ここにサイドスタンドで停めてちょ」
みたいに言われるので言う通りにします
停めると鎖やなんやで船の揺れでコケんように固定されます

CIMG2597.jpg
ホイ(これは別の日の写真ですが)

というわけでしばしさらば、マイバイク!





今回の日記はここまでです
フェリーの中はまた次回というわけで!
なんせ次の日はフェリーに18時間も乗ってるんで
「ほとんどがフェリー、ちょっと北海道編」
といった内容になりますから…

それではおやすみなさい




2回目ですが初投稿です

CIMG2209.jpg
出発前夜、ユンボハウスにて

出発前夜は西宮のユンボハウスに泊まり、翌日にフェリーの待つ舞鶴へ…という計画でした
「は?フェリー?」とお思いの方、すみません、もっと説明すべきでしたね
『カブで日本縦断』と前の日記で簡単には書きましたが、フェリー乗ったりといろいろあるのです
大まかな道順は以下の通りです

無03

汚ぇ画像だなぁ…
ハイ、簡単に説明していきます


その1.西宮~舞鶴~小樽
西宮のユンボハウスを出て、フェリーの待つ舞鶴へ
舞鶴からは海路で北海道の小樽を目指します

その2.小樽~知床~苫小牧
北海道突入!小樽到着後、東にある知床を目指してひたすら走ります
知床を出て道内をウロウロしながら、苫小牧の八戸行きフェリー乗り場へ

その3.八戸~本州色々~下関
ただいま本州、青森の八戸からはとにかく南下です、各地の名所を見ながら南下
本州端っこの下関からは関門トンネル(歩道)を通って九州突入

その4.北九州~天神~屋久島
九州突入!南下しつついろんな名所をブラブラ
桜島を拝める鹿児島のフェリー乗り場から屋久島へ


その5.屋久島~志布志~南港
屋久島着く!縄文杉を見る!
九州へ戻り、志布志港からフェリーに乗って大阪南港、お疲れ様



といった具合です
日本一周やと、やれ時計回りや反時計回りなんかがありますが、自分たちは
「とりあえず北海道まで上がって、そっから屋久島まで下ろう」
という縦断ルートを考えたワケです

さて、このルートは出発前にひょひょーいと組んだルートです
・30日以内には旅を終わらせたい
・何個か行きたい場所の目星を付ける

ということを一応頭に入れて考えたルートなんですが
実際走ったりするといろんな問題が浮かんでくるもので…
まぁ…そういったトラブルは後々の記事でお楽しみください…

あと、この旅にコレといった目的や意味はありません
「大学出てからお互いフリーター、時間はあるよなぁ…」
そんな話から
「原付で日本縦断やってみるか」
そんな話にまで発展してしまいました


ごちゃごちゃしゃべるより記事にいったほうが早いですね
今回はあらためての前説ということでしたが
次回の記事からはしっかり書いていきます!

次回は「1日目(西宮~舞鶴)」の日記を書いていこうと思います
ついにユンボハウスを発ち、フェリーの待つ舞鶴へ!

それではまた、おやすみなさい
カウンター羊
プロフィール

ゲリヲン

Author:ゲリヲン
・2012年にカブで日本縦断しました
・その記録やバイクまわりのことが書かれてあるブログです
・超絶めんどくさがり
・リンクフリーですとも!

何かあればメールやコメントでお知らせください
kutabare.kusoyarou222★gmail.com
★を@に変えてお願いします

最新記事
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。